准教授 平井規央 (Norio HIRAI)

   准教授  平井 規央 (ひらい のりお)

kurodai 経 歴
奈良県出身
大阪府立大学農学部卒業
大阪府立大学農学研究科博士前期過程修了
福島県農業試験場相馬支場研究員を経て、
現在 大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 准教授。
博士(緑地環境科学)

 

現在取り組んでいる主なテーマ

クロマダラソテツシジミの生活史と遺伝的多様性(共同研究)
harai_img01 近年本州に分布を拡大したクロマダラソテツシジミについて、分布、温度・日長反応、耐寒性、DNA解析による遺伝的多様性の調査を行っています(国際基督教大学、東京大学との共同研究)。
イチジクヒトリモドキの休眠性と生活史
harai_img02 近年本州に分布を拡大したイチジクの害虫であるイチジクヒトリモドキについて、分布、温度・日長反応、耐寒性などの調査を行っています。
水生動物群集の多様性調査
harai_img03 水生動物群集の多様性保全と希少種の生息状況や外来種の影響などを明らかにするために、ため池、河川、ビオトープなどにおいて、昆虫類、魚類などの水生動物相の調査を行っています。
大阪府周辺におけるコガタブチサンショウウオの分布と遺伝的多様性
 harai_img04 コガタブチセンショウウオの大阪府周辺における分布とDNA解析による遺伝的多様性の調査を行っています。
屋上緑化を利用する昆虫類(共同研究)
 harai_img05 屋上緑化にチョウ類の寄主植物や吸蜜植物を用いることによって、訪れる種とその利用頻度などの調査を行っています。また、屋上に水域を設置して、訪れる昆虫類の調査を行っています(大阪府立大学内での共同研究)。
アサギマダラの飛翔メカニズムの解明(共同研究)
 harai_img06 チョウの飛翔について明らかにするため、アサギマダラを材料に筋肉や骨格の構造を調査しています(京都大学、北海道大学との共同研究)。
シルビアシジミの遺伝的多様性と共生微生物との関係(共同研究)
 harai_img07 絶滅危惧種であるシルビアシジミに感染している細菌Wolbachiaとの関係や、シルビアシジミの遺伝的多様性、生活史などを調査しています(東京大学との共同研究)

発表論文など

harai_img08  Shibuya, T., J. Komuro, N. Hirai, Y. Sakamoto, R. Endo and Y. Kitaya (2010) Preference of sweetpotato whitefly adults to cucumber seedlings grown under two different light sources. HortTechnology 20: 873-876.

Shibuya, T., N. Hirai, Y. Sakamoto and J. Komuro (2009) Effects of morphological characteristics of Cucumis sativus Seedlings grown at different vapor pressures deficits on initial colonization of Bemisia tabaci (Hemiptera: Aleyrodidae). Journal of Economic Entomology 102(6): 2265-2267.

harai_img09harai_img10

 

平井規央(2009)本州と四国におけるクロマダラソテツシジミの記録.やどりが(220)2-20.平井規央・矢後勝也・坂本佳子・石井 実(2009)クロマダラソテツシジミの日本への分布拡大とその経路.昆虫DNA研究会ニュースレター(10):8-13.

平井規央(2009)日本におけるクロマダラソテツシジミの発生と分布拡大.植物防疫63:365-368.

平井規央・森地重博・山本治・石井実(2008)最近分布を拡大したチョウとガ-クロマダラソテツシジミとイチジクヒトリモドキ-. 昆虫と自然43(12):13-16.

 harai_img11 岩田昇・秋枝伸志・平井規央・石井実(2008)大阪府堺市におけるウスバキトンボの季節消長.Tombo 51: 29-37.
harai_img12

 

 

 

harai_img13

 

 

 

harai_img14

 

 

 

Sakamoto, Y., N. Hirai, T. Tanikawa, M. Yago and M. Ishii (2010) Infection by two strains of Wolbachia and sex ratio distortion in a population of an endangered butterfly, Zizina emelina (Lepidoptera: Lycaenidae), in Northern Osaka Prefecture, Central Japan, Annals of the Entomological Society of America 104: 483-487

Ishii, M., N. Hirai and T. Hirowatari (2008) The occurrence of an endangered lycaenid, Zizina emelina (de l’Orza), in the Osaka International Airport, central Japan. Trans. lepd. Soc. Japan 59: 78-82.

Yago, M., N. Hirai, M. Kondo, T. Tanikawa, M. Ishii, M. Wang, M. Williams& R. Ueshima (2008) Molecular systematics and biogeography of the genus Zizina (Lepidoptera: Lycaenidae). Zootaxa 1746: 15-38.

蓑原茂・森地重博・平井規央・石井実(2007)大阪国際空港周辺におけるシルビアシジミの分布と生態.昆虫と自然,42(6),15-19.

Minohara, S., Morichi, S., N. Hirai, M. Ishii (2007) Distribution and seasonal occurrence of the lycaenid, Zizina emelina (de l’ Orza) (Lepidoptera, Lycaenidae), around the Osaka International Airport, central Japan. Trans. lepd. Soc. Japan 58: 421-432.

平井規央・広渡俊哉,石井実(2007)大阪国際空港内におけるシルビアシジミの生息状況.昆虫と自然,42(6),20-22.

 harai_img15

 

 

harai_img16

 

 

 

harai_img17

 

 

Hirai, N. and M. Ishii (2007) A danaid butterfly, Ideopsis similis, overcomes parasitization by a tachinid fly, Sturmia bella. Entomological Science 10: 35-43.平井規央(2003)「アサギマダラの天敵」旅をする蝶アサギマダラ.むし社.

Hirai, N. and M. Ishii (2002) Egg placement of the tachinid fly, Sturmia bella, on leaves of the evergreen milkvine, Marsdenia tomentosa, and the feeding habit of its host butterfly, Parantica sita. Entomological Science 5: 153-159.

アサギマダラ幼虫の摂食部位とヤドリバエの産卵位置.昆虫と自然,37(6),17-20.

平井規央(1997)卵から育てたアサギマダラから現れた2種の寄生者.昆虫と自然,32(5),28-30.

平井規央(1997)「マダラヤドリバエの生活」 日本動物大百科第9巻. 昆虫Ⅱ. 平凡社.(石井実・大谷剛・常喜豊編・分担執筆,1997)

Hirai, N. and M. Ishii (1995) Host relationships of the tachinid fly, Sturmia bella (Diptera: Tachinidae), and the trigonalyid wasp, Poecilogonalos fasciata (Hymenoptera: Trigonalyidae), parasitizing the chestnut tiger butterfly, Parantica sita (Lepidoptera: Danaidae) Appl. Entomol. Zool. 30: 241-244.

 

 

 

 

 

 

harai_img18

 

 

 

 

harai_img19

 

Choi, W. H., D. Y. Chae, C. M. Lee, H. Noshita and N. Hirai (2010) First recorded migration of the butterfly, Parantica sita (Lepidoptera: Danainae), from Japan to South Korea. Trans. lepid. Soc. Japan 61 (2): 120-122.

平井規央(2007)マダラチョウ最近の研究から.昆虫と自然,42(1),2-4.

平井規央・李哲敏(2004)韓国でアサギマダラにマーク.やどりが,(203)9-10.

平井規央(2003)「アサギマダラの天敵」旅をする蝶アサギマダラ.むし社.(宮武頼夫・福田晴夫・金沢至編)

平井規央(2003)海を渡るアサギマダラの航法と飛翔高度.昆虫と自然,38(7),6-9.

Hirai, N. and M. Ishii (2001) Rearing Larvae of the Chestnut Tiger Butterfly, Parantica sita Koller (Lepidoptera: Danaidae), on Artificial Diet. Trans. Lepid. Soc. Japan 52: 109-113.

平井規央(2000)紀伊半島の3生息地におけるアサギマダラの生活史.昆虫と自然,35(6),23-26.

Hirai, N. and M. Ishii (1997) Seasonal occurrence of the chestnut tiger butterfly, Parantica sita (Lepidoptera: Danaidae), at 3 habitats in the Kii peninsula, central Japan. Trans. Lepid. Soc. Japan 48: 223-233.

平井規央(1996)「アサギマダラの長距離移動」 フィールドガイドシリーズ ⑥ 昆虫ウォッチング. 平凡社. 日本自然保護協会編.(石井実監修・分担執筆)

平井規央(1994)アサギマダラの長距離移動.昆虫と自然,29(10),3-7.

 

harai_img20

 

 

 

harai_img21

黒田修司・平井規央・石井実(2009)幼虫寄生蜂セセリオナガサムライコマユバチの発育に及ぼす寄主齢の影響.応動昆53:85-90.

Kuroda, S., N. Hirai, M. Ishii and K. Maeto (2006) Notes on Apanteles javensis Rohwer (Hymenoptera: Braconidae: Microgastrinae) in Japan, including new distribution and host records. Pan-pacific Entomologist 83: 381-384.

堺市の水田におけるウダツハリバエのイチモンジセセリへの寄生状況.関西病虫研報(43),19-20. (平井規央・山本了子・石井実,2001)

 harai_img22 平井規央(2009)大阪府の都市部とその周辺における水生動物の多様性調査.関西自然保護機構会誌31:79-83.

平井規央(2004)「昆虫類と無脊椎動物」近江日野の歴史 第一巻 自然・古代編.pp. 2-32.(井上満郎・小林圭介編 分担執筆)