研究室紹介

環境動物昆虫学研究グループの研究室紹介

<研究内容・施設等>

環境動物昆虫学研究グループでは、昆虫や小動物の管理や生物多様性保全の基礎とするために、系統と生物地理学、生活史戦略、生息場所の保全生態学などに関わる研究を行っています。教育研究フィールドに約40万点の標本を収蔵した昆虫標本室、実験圃場に昆虫飼育室があります。

 

<最近の主な研究テーマ>

・昆虫類の系統分類学的研究

小蛾類、甲虫類、カメムシ類、寄生性ハチ類を中心として、種の多様性の解明、系統推定に関する研究を行っている。

 

・昆虫類・小動物の生物地理学的研究

チョウ類、地表徘徊性甲虫類、寄生性天敵類、魚類、両生類などを中心として、各種の分布様式、地域の動物相の特徴や起源を明らかにする研究を行っている。

 

・昆虫類の生活史戦略

昆虫の生活史の組み立て、植物と植食性昆虫あるいは昆虫と寄生性天敵の生活史同調、温暖化にともなう昆虫の分布と生活史の変化、昆虫の休眠と移動などについて研究している。

 

・昆虫類・小動物とその生息場所の保全生態学

里山の管理法とチョウ群集の多様性、稲作水系における水生動物の生活場所利用あるいは水管理などの撹乱と水生動物群集の多様性、希少昆虫・小動物の保護方法などについて研究している。

 

<最近の卒論題目>(キーワード)

・アワヨトウ成虫の明暗比率の異なる光源への誘引

・気候温暖化がハスモンヨトウ幼虫の発育におよぼす影響

・LED光源を用いたアザミウマ類の物理的防除手法の検討

・ビオトープ池におけるヨシ刈りと外来種除去が水生動物群集に与える影響

・大阪府南部におけるクワガタムシ類の生息状況

・モンシロチョウの訪花行動における色選好性と色覚

・大阪府北部におけるギフチョウ個体群の保全

 

<卒業生の主な進路>

学 部 —– 会社員(薬品、環境、流通、SE他)、地方公務員(病害虫防除関係)、高校教員、中学校教員、農林水産省(植物防疫所) —– 多い順

大学院 —– 地方公務員(病害虫防除関係、博物館)、農林水産省(農業試験場、研究所)、高等学校教員、大学教員、会社員 —– 多い順

 

<担当講義>

自然環境保全論、動物生態学、環境動物昆虫学、動物形態分類学、動物昆虫管理学、里地里山管理学実習など
修士論文テーマ(17年分)

・和歌山県千里浜におけるアカウミガメの繁殖生態に関する研究

・近畿地方におけるウキゴリとスミウキゴリの遺伝的集団構造と生活史に関する研究

・カスミサンショウウオにおける温度と発育に関する研究

・人工池における水生昆虫群集の遷移に関する研究

・微小卵型寄生バエの産卵行動に及ぼす寄主と植物の影響に関する研究

・リター層の蛾類の種多様性と食性に関する研究

・ヌマムツの分布と遺伝的多様性および個体群動態に関する研究

・大阪府南部のため池水系におけるオオクチバスの食性と成長に関する研究

・A taxonomic study of the subfamily Scardiinae (Lepidoptera, Tineidae) from Japan

日本産オオヒロズコガ亜科 (鱗翅目, ヒロズコガ科)の分類学的研究

・大阪府内におけるメダカの分布と遺伝的多様性に関する研究

・大阪府内の里山林における外来植物と野生哺乳類の在来草本植生への影響に関する研究

・大阪府内の都市緑地における直翅系昆虫群集の種多様性に関する研究

・大阪府南部におけるコガタブチサンショウウオの分布と遺伝的多様性に関する研究

・ヒョウモンチョウ類の季節消長と行動に関する研究

・大阪府内の都市緑地におけるチョウ類群集の多様性と変化に関する研究

・日本産チビガ科およびホソガ科コハモグリガ亜科の種多様性に関する研究

・シルビアシジミの生活史と遺伝的多様性に及ぼす共生細菌Wolbachiaの影響に関する研究

・淀川河川敷における地表性甲虫群集の多様性に関する研究

・滋賀県南部の河川流域におけるトンボ類群集の多様性に関する研究

・アカボシゴマダラ外来亜種の日本における定着可能性に関する研究

・「三草山ゼフィルスの森」における潜葉性小蛾類の種多様性に関する研究

・コオイムシの生息場所と生殖行動に関する研究

・都市域におけるウスバキトンボの生活史に関する研究

・地域個体群間の遺伝子解析に基づく里山性チョウ類の保全に関する研究

・大和葛城山におけるギフチョウ生息環境の保全に関する研究

・ギフチョウの生活史に及ぼす気候温暖化の影響の評価に関する研究

・Biosystematic study of Dichomeris rasilella (Herrich-Schaffer) (Lepidoptera, Gelechiidae) [ウスグロキバガ(チョウ目、キバガ科)の生物系統学的研究]

・大台ケ原におけるガ類群集を利用した森林環境評価

・モンシロチョウ成虫の季節消長と移動性に関する研究

・セセリオナガサムライコマユバチの寄主制御に関する研究

・A systematic sudy of the family eriocraniidae (Lepidoptera) from Japan [日本産スイコバネガ科の分類学的研究]

・イチモンジセセリとセセリオナガサムライコマユバチの発育における寄主-寄生者関係に関する研究

・稲作水系のビオトープ池における水生昆虫群集の初期遷移に関する研究

・稲作水系における水生昆虫の生活場所利用に関する研究

・ヒメゲンゴロウの生活史に関する研究

・日本産Dufouriellini族の分類学的研究

・A Systematic study of the family Incurvariidae (Lepidoptera) from Japan [日本産マガリガ科の分類学的研究]

・里山におけるチョウ類の種多様性の保全に関する研究

・地黄湿地におけるハッチョウトンボの保全生態学的研究

・A systematic study of the subfamily Nemapogoninae from Japan [日本産コクガ亜科の分類学的研究]

・モンシロチョウの訪花行動における植物選択と学習能力に関する研究

・日本産コカクモンハマキ属の形態学的研究

・長野県カヤノ平のブナ林におけるガ類群集の多様性に関する研究

・休耕田を利用して造成したため池における水生昆虫群集の遷移に関する研究

・由良川におけるコカゲロウ属(カゲロウ目、コカゲロウ科)の種組成、分布、すみわけに関する研究

・コオイムシの生活史と飛翔に関する研究

・ヒョウモンモドキの保全生態学的研究

 

主な就職先

環境省(国立環境研究所、地方環境事務所など)、農林水産省(農業環境技術研究所、神戸植物防疫所など)、林野庁、宮崎大学農学部、大阪府、大阪府教育委員会、兵庫県、奈良県、徳島県立博物館、堺市教育委員会、伊丹市昆虫館、自然環境研究センター、大阪みどりのトラスト協会、日本自然保護協会、日本チョウ類保全協会、パナソニック、建設環境研究所、地域環境計画、大日本除虫菊、伊藤忠、NEXCO西日本